風俗に行くことが好きな男の体験談ブログ

風俗、襲来のトップページです。

最初から割引券ありきになっているのも考えものです

店舗がないデリヘルですから主な活動の舞台はインターネットということになります。そのインターネットに開設しているサイトはいわば店舗のようなもので他の風俗のサイトよりも特に愛着のわくものではないでしょうか。そこでは随時割引情報などを流して世間の耳目を集めてさらに集客の手段を考えるのです。もちろん同業他社であれは考えることはいっしょなので安売り合戦に陥りがちになります。ですから料金設定は変えずに割り引きだけで対処するという苦肉の策になるのです。こうすることで常に元の料金体制に戻すことができるというわけですが、利用者であるお客さんのほうが。すでに割分引き情報があるという前提でサイトを訪問していますので、割引き券がないということではお客さんは他のお店に逃げていってしまうでしょう。デリヘルの女の子が定着してないお店は結局は料金だけでお客さんを引き留めていたということになりますから、それが崩れてしまうと経営が傾きかねないのです。

リピーターがストーカーに変わることもあるんです

デリヘルのイメージ戦略は大事ですよ。なんとかお店が流行りだしてきたら風評として「あの店は繁盛しているけど他の店と何が違うのかな」ということになります。女の子の募集を強化したいのであれば報酬を上げたらいいのですが、上げてしまうと後は下げることができません。その場の事情に流されて安易にアップしてしまうとそれが将来的にボディブローのように効いてくるのです。ですから女の子には福利厚生として何かプレゼントをするとか他の方法がいいかもしれません。もっともみんなお金がいいに決まってますが気持ちとして受け取ってもらうようにしましょう。デリヘルのイメージは結局は女の子が作ることになるんですけど、本当に稼ぎたい子であれば必ずリピーターがつきますのでそこをどんどん伸ばすようにしなくてはいけないのです。リピーターは一途で女の子に一筋でついてきてくれます。却って女の子のほうがそれに怖くなって辞めていってしまうことがあうのです。
【風俗で働くならココ★】
堺・堺東の風俗求人まるきゅーも

まずは風俗でお金を稼ぎますよ。もう引き返せないんです

とりあえずお金に困ったら風俗があると思ったら大きな大間違いのようですよ。というのもそれほど稼げないよっていうんですよ。もう友達が働いてるんですけどね。どこってデリヘルで、どういうこと?って聞くと数をこなせば稼げるんだけど、そんなに思うほど仕事がないんだって、じゃぁヘルスのほうがいいかなってことになるんだけどどっちもどっちだっていうしね。なんか始める前からテンション下がるなって思ったんですけどやるしかないですよ。だってコンビニの仕事するよりも確実に稼げますからねだから頑張るしかないし、今はどこで働こうか物色中です。最初は友達のところで働こうかなって思ったんですよ。でも風俗で働いてるのは誰にも言わない方がいいかなって。それだったら街を出てもっと都会にいったらいいんですけどね。そのあたりが微妙に揺れてるのが女心なのかな。デリヘルで月に60万円くらいは余裕で稼げると思ったんですけどどうなんだろ。ちょっと心配になってきたけどもう返せないよね。


Copyright © 2016 風俗、襲来 All rights reserved.